from治療院デスク

筆 : 代々木上原腰痛整体院maoRi 副院長 山﨑 慎也

 

 

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

初めての方、初めまして!

いつもお世話になっております。

代々木上原腰痛整体院maoRiでございます。

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。

 

 

 

2月も中旬に入り、デパートにもバレンタインデーのチョコレートが並ぶ季節になってきましたね!

そろそろ寒いにも限界が来てるので、早く暖かくなって欲しいです。。。

寒さに限界を感じた私は先日、温泉に行って参りました。

いつもはシャワーで適当に済ますのですが、やはり湯船に浸かる事はとても良いですね。

久しぶりに浸かりましたが、深部から温めてると、寒くて緊張している筋肉が緩んでいくのを感じました。

皆様もお時間が許す時は、シャワーではなく、湯船に浸るようにしてください。

 

 

さて、本日はですね!

先月から触れています「脊柱管狭窄症」について

簡単にご紹介させていただきます。

 

「脊柱管狭窄症」がどんな疾患か?

このブログを読んでいただいている皆様はもうご存知ですよね!

 

まだ、お読みでない方の為に過去の記事も載せておきます。

 

ご存知ですか?【脊柱管狭窄症】の原因

https://xn--maori-pu3dl60rtob42aj82azn3coje031d847adx6d.jp/腰痛/ご存知ですか?【脊柱管狭窄症】の原因/ ‎

 

ビックリ!?【脊柱管狭窄症】とタバコの関係性

ビックリ!?【脊柱管狭窄症】とタバコの関係性

 

あなたが【椎間板ヘルニア】と【脊柱管狭窄症】を簡単に鑑別する方法

誰でもできる【椎間板ヘルニア】と【脊柱管狭窄症】を簡単に鑑別する方法

 

勿論、どんな疾患や「痛み」においてもですね。

早く治るものもあれば、時間がかかってしまうもの

軽症なものもあれば、重症なものもあります。

 

 

本疾患の「脊柱管狭窄症」においても

 

・「保存療法」で治療できるもの

・「手術」をしないといけないもの

 

を、きちんと見分ける事が必要になってきます。

 

脊柱管狭窄症には種類がありまして

 

・【馬尾型】(ばび型)

脊柱管を通る神経の束(馬尾神経)が圧迫される型

痛みは痺れは勿論ですがそれに加えて

感覚障害(冷感などの温度覚麻痺)、腹痛、排尿、排便障害(膀胱直腸障害と言います)が起こる可能性があります。

当院では感覚障害や膀胱直腸障害の徴候の見られる患者様に関しましては

専門機関(整形外科)や、大学病院等大きな病院での診察を一度推奨しております。

 

・【神経根型】(しんけいこん型)

神経の束の馬尾神経から一本ずつ左右に別れて分岐した神経根が圧迫される型

お尻から足にかけての痛みや痺れが起こります。

痛みは片足に起こる事が多く、坐骨神経痛が症状として現れる事が多いです。

※保存療法(手術ではない)を行う事で7割の方が治癒すると言われています

当院にも治療にいらしている患者様は多いです。

私の経験ですが本症状が最短で2日で治癒した患者様もいました。

 

・【混合型】(こんごう型)

馬尾型と神経根型を合併し、両方の症状が起こっている型

言わなくてもわかります。とても重症です。

当院では感覚障害や膀胱直腸障害の徴候の見られる患者様に関しましては

専門機関(整形外科)や、大学病院等大きな病院での診察を一度推奨しております。

 

 

このように、手術の適応となる方に関しましては最終的に選択していただくのは皆様自身ですが、手術が必要なのかどうかの検査をオススメしております。

ですが、やはり皆様の中に手術を自らしたい方はあまりいないと思います。

手術は、原因となっている骨を削ったり、神経の通り道を広げたりそういった手術をします。

 

更に、人間には(背骨にも)地球の重力が常にかかっています。

いくら手術をして一時的に身体が良い状態になったとしても

手術をする前と全く同じ日常生活(悪い姿勢など)をしていたとすれば

必ず、再発のリスクというものは上がっていきます。

実際に結局再発をしてしまった人は私は沢山見てきましたし

逆に保存療法でお身体が改善してきた人も沢山見てきました。

 

別に私は手術に反対している訳ではありませんし、手術をして脊柱管狭窄症に困っているあなたが幸せになれれば、それで良いと思っております。

 

ですが、

・お身体を根本的に治したい方

・お身体を治してその後、幸せな生活を取り戻したい方

・手術はやりたくないけどお身体を治したい方

・整形外科さんで湿布と痛み止めをもらって終わった方

・どこへ行っても治らないと思っている方

・もう治らないと諦めている方

 

私達は治療において

問診・検査・説明を最重要視しています。

患者様とのインフォームド・コンセントを大切にしておりますので

手術が必要な身体の状態であれば、必ず病院での診察を推奨しております。

ですが

筋肉・筋膜の緊張や不調、関節の硬さが原因で痛みが起こっている場合

私達がお役に立てる。皆様のお力になれる可能性が高いです。

 

もし、あなたが、脊柱管狭窄症の症状でお悩みであれば、

ぜひ、当院に足をお運び、あなたの症状を改善してみませんか?

皆様の御来院、心からお待ちしております。

 

 

 

”本物の治療”で

”本物の身体”を取り戻し

”本物の生活”を送ってみませんか?

 

 

代々木上原腰痛整体院maoRi

ご予約・お問い合わせはこちらから

⬇︎

TEL : 080-8428-7764

 

 

代々木上原腰痛整体院maoRi

〒151−0066

東京都 渋谷区 西原 3−7−5 ミタニビル2A

 

 

LINEで送る
Pocket