治療院デスクより

from : 代々木上原腰痛整体院maoRi 副院長 山﨑 慎也

 

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

初めての方、初めまして!

いつもお世話になっております。

代々木上原腰痛整体院maoRiでございます。

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。

 

 

 

3月も後半に入り、前回の記事では暖かくなってきたと言っていたのですが昨日なんかは、暖房を入れてしまうくらい寒かったですね。

喉もここ最近痛くなってきました。

しかし、何よりも健康や身体が最も大事な事ですからね!

私も身体の調子が悪いと患者様のお身体に向き合うことすらできませんから。

本日も沢山の患者様にご来院いただき、全力で治療に臨ませていただいております!

 

 

 

皆様も一回は耳にしたり、お悩みのお方、多いのではないのでしょうか。

本日は、坐骨神経痛についてご紹介させていただければと思います。

 

 

 

坐骨神経痛って皆様はどんなイメージを持たれていますでしょうか?

 

・椎間板ヘルニアがある

・脊柱管狭窄症がある

・痺れが出る

・椅子に座っていると痛くて座れなくなる

・立っている方が楽

・靴を履く時に痛い・・・etc

 

などなど、この他にも沢山あると思います。

 

ちなみに坐骨神経痛とWikipediaで検索すると

人の体においてさまざまな要因により、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛。

あくまで症状であり、病名ではない。

 

「あくまで症状であり、病名ではない」

 

と、Wikipedia先生が丁寧に教えてくださっています。

 

坐骨神経とは、人の身体で言うお尻の中にある、人体の末梢神経(脳神経以外)では最も大きい神経であり、最も大きいが為に太ももであったり、下肢全体の運動に関与しているとても大事な神経であると同時に、その分、逆に大きい分圧迫を受けやすい為、症状が出やすい神経でもあります。

 

 

 

私が、患者様とカウンセリングや問診の際によく出てくるワードどして

 

・「私は坐骨神経痛なんですよ」

・「なかなか、坐骨神経痛が治らなくてね」

・「ヘルニアを持ってて坐骨神経痛があります。」

・「整形外科や整骨院で坐骨神経痛と言われてマッサージや電気治療をやっているがそれでも治らない」

 

などの共通したワードをよく耳にします。

 

 

 

勿論、大体皆様共通してお尻の部分の痛みであったり、痺れといったもの。

こういった症状というものは共通しております。

坐骨神経痛症状を呈していると言えます。

 

 

 

私は、必ず皆様に問いかけます。

「何が原因で坐骨神経痛になっているのですか?」

坐骨神経痛と一概に言いましても、

例えば、椎間板ヘルニアによるものや脊柱管狭窄症によるものなのか、沢山原因が考えられますし、

患者様によっては、単にお尻の筋肉が縮こまっている、硬まっているいる事によって坐骨神経痛の症状を起こしている方が本当に多いです。

 

 

 

別に過去にその患者様に関わった先生方が誤診をしている訳ではないと思っております。

ですが、治療において最も大切な事は、

何が原因で身体(症状)がどうなっているのか

を検査、評価、追求する事が一番重要でありますし、原因を突き止めないといつまでもいつまでも同じことを繰り返す事になってしまいます。

 

 

例えば、咳をしている人全員に

咳が出ているので、風邪ですね!

症状の軽さ、重さは置いといてこれは絶対にオカシイ話ですよね。

でも、実際に上記にあるように坐骨神経痛だと仰る方は、これと同じ事です。

 

 

 

私は、必ず追求します。

「何が原因で坐骨神経痛になっているのですか?」

 

 

 

もし、あなたが、坐骨神経痛の症状でお悩みであれば、

ぜひ、当院に足をお運び、あなたの症状を改善してみませんか?

皆様の御来院、心からお待ちしております。

 

 

 

 

”本物の治療”で

”本物の身体”を取り戻し

”本物の生活”を送ってみませんか?

 

 

代々木上原腰痛整体院maoRi

ご予約・お問い合わせはこちらから

⬇︎

TEL : 080-8428-7764

 

 

代々木上原腰痛整体院maoRi

〒151−0066

東京都 渋谷区 西原 3−7−5 ミタニビル2A

LINEで送る
Pocket