from : 山﨑 慎也

治療院デスクより。。。

 

 

イテテ・・・

先日、相当久しぶりにスポーツをやったのですが

筋肉痛がすごくて、自分の衰えを実感しています

 

 

 

前にそこそこ柔道をしていた自分が聞いて呆れるレベルで

身体も重くなってしまっています

ランニングだけでなく、定期的にスポーツする習慣もないといけないなって思いました

 

 

 

お盆休みも終わって平常と同じ生活が戻ってきたと思います。

本日も元気に治療をさせていただいております。

 

 

 

さて、本日ご紹介させていただく内容は

前回の私の「脊柱管狭窄症」のお話の続きですね

 

 

 

この疾患はとても奥が深い疾患で

大体50代以降で元々慢性的な腰痛が存在している方が

レントゲン等をとると。

「あ、骨が潰れてますね」

とか言ってすぐ脊柱管狭窄症の診断を受けるパターンがとても多い疾患です。

 

 

 

つまりは誤診する可能性がとても高いという事になります。

そうなると、いつまで経っても症状が改善の傾向は見られない可能性がありますし

更に重症化する可能性があります。

 

 

 

そこで本日は

これが全てではないですが、

御自身でできる簡単な検査がありまして

これらに当てはまってくれば、脊柱管狭窄症の可能性が高まるという

自分で脊柱管狭窄症を鑑別する方法

ご紹介させていただきます。

 

 

いかがだったでしょうか

勿論、これは全てではなく参考程度ですが

データや経験の上で、本日はご紹介をさせていただきました

是非、ご参考にしていただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

”本物の治療”で

”本物の身体”を取り戻し

”本物の生活”を送ってみませんか?

 

 

東京都 渋谷区で「唯一」の慢性腰痛専門

代々木上原腰痛整体院maoRi〜マオリ〜

ご予約・お問い合わせはこちらから

⬇︎

TEL : 080-8428-7764

「ブログを見て、電話しました」

とお伝えください。御予約を承ります。

 

 

 

代々木上原腰痛整体院maoRi〜マオリ〜

〒151−0066

東京都 渋谷区 西原 3−7−5 ミタニビル2A

 

LINEで送る
Pocket